オペラ座の怪人

『オペラ座の怪人』(オペラざのかいじん、The Phantom of the Opera)は、フランスの作家ガストン・ルルーの小説『オペラ座の怪人』を基にしたミュージカル。アンドリュー・ロイド・ウェバーが音楽を、チャールズ・ハートが作詞を、リチャード・スティルゴーが補作を担当し、ロイド・ウェバーとスティルゴーが共に脚本を著した[1]。醜い音楽の天才による不思議な力にとりつかれる美しいソプラノ歌手のクリスティーヌ・ダーエを中心に描かれている。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%9A%E3%83%A9%E5%BA%A7%E3%81%AE%E6%80%AA%E4%BA%BA_(1986%E5%B9%B4%E3%81%AE%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%82%AB%E3%83%AB)
目次

羽生結弦

2014 グランプリファイナル

史上初の200点超えなるか、と思われたのですが最後のジャンプで転倒してしまいました。

2014 中国杯

6分間練習でハン・ヤンと衝突し大怪我を負いました。
それでも棄権せずに演技しました。5回転倒しますが、3A+1Lo+3Sを世界初成功させたりもしています。

無良崇人 2014 スケートカナダ

グランプリシリーズ初優勝の演技。

鈴木明子 2013 全日本選手権

全日本選手権初優勝の演技。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

フィギュアスケートが好き。一番の推しは羽生結弦選手です。

目次